FXの監視通貨ペアはこの2つだけ!ポンド円とポンドドルの見方

FXの監視通貨ペアはこの2つだけ!【ポンド円とポンドドルの見方】

FXの監視通貨についての悩みってありますよね。

人によっては1つに絞れとか、多通貨見た方がいいとか違うことを言いますね。

ちなみに私は6種類の通貨を見ていますが、初心者の頃ならFXの監視通貨は2つで大丈夫です。今回はそんな監視銘柄について詳しく解説していきますね。

\  最大レバレッジ1000倍!/

FXの監視通貨。短期デイトレは2つで良し!

監視通貨 ポンド円・ポンドドル
FXの監視通貨で迷ったら、『チャンスが少なくてもしっかり勝てる』に重点をおいて考えましょう。

答えはこの2つだけでOKです。

  • ポンド円
  • ポンドドル

短期デイトレならば、こいつらが揃って上がった(下がった)時にしっかりロットを張れれば資金は増やせます。

下記の方にある私のツイート見てもらうと分かる通り、私の取引はポンド円とポンドドルがメインです。

この二つが『エントリーと程遠いならやらない』という制約を設けることで、無駄なトレードが減らせました。

FXの監視通貨を2つに絞って勝つ際に、理解すべきは下記の3つだけで大丈夫です。

  1. ポンドが揃って強い(弱い)を見極める
  2. 短時間で勝負を決める
  3. 動きが出る時間を見極める

この3つを深掘りします。

FXの監視通貨は2つ①ポンドが揃って強い(弱い)を見極める

監視の仕方についてですが、これは難しく考えず、ポンド円とポンドドルが似たようなチャート形状で動いているか見るだけです。

利確や損切りはエントリー前に決めておく必要があります。

移動平均線や水平線、直近の高安値などのルールを決めましょう。

実際のエントリーを参考にしてもらえたらと思います。

 

FXの監視通貨は2つ②短時間で勝負を決める

デイトレよりもスキャル寄り

ポンド揃いを見つけたら短時間でリスクリワードの合う場面を探しましょう。

下記のツイートは安値で逆張りロングしたら損切りになりました。
とはいえポンドが揃って下がっていったのですぐにドテンショート。

ポンドが売られている(買われている)状態が長く続くとは限りません

マイナスを補填したらすぐ逃げる。

ポンド相関トレンドが伸びてしまった後だった場合、見送る勇気も必要です。

FXの監視通貨は2つ③動きが出る時間を見極める

ポンド円とポンドドル監視に相性の良い時間

24時間動いている為替市場でポンド円とポンドドルをずっと監視しているわけにもいきません。

ポンドの取引が活発に行われる、下記の時間に絞って監視すると効率的です。

またこの時間の揃った動きはしっかりしたトレンドになる場合もありますので安心してエントリーできます。

【欧州時間】相性の良い時間 16:00〜19:00
【NY時間】相性の良い時間 21:00〜23:30

欧州時間が出来ないサラリーマンのかた、ダラダラ見るのがシンドイという場合は下記をどうぞ。

『21時、21時30分、22時』このタイミングだけ全力で見る。

特に新しい1時間足の出るタイミングは動きが出やすいと思います。

FX監視通貨ペア2つに絞る際の注意点

これは明確に『無駄撃ちを避ける』ことです。
乱暴な言い方をすると、『FXは資金を減らさないように戦うと、勝手に資金は増えてる』と考えます。

他の通貨ペアを捨ててでも、この二つで勝とうとしているわけなので乱射で損失を膨らますのだけは避けなければいけません。

損失を防ぐ3箇条

①損切りは揃ったはずのポンドの動きが弱いと見えた時
②ポンド揃いのルール明確化
③最終決断は個別チャート形状

①損切りは揃ったはずのポンドの動きが弱いと見えた時

直近トレードの損切り、微益逃げのツイートです。
ポンドの揃いがなくなったら即逃げです。

 

②ポンド揃いのルール明確化

ここは少し難しいです。
私の場合、5分足で判断しますので『揃ったと見せかけて別の動き』というのも結構あります。

自分のルールは、『5分足の水平線をポンド円とポンドドルが同時にぶち抜いた』がエントリー根拠にしています。

一つ上のツイートではポンドドルが抜けきれずに戻ってしまいました。(ドル円の影響を強く感じました)
21:30に同時下抜けで『伸びる』と思ったんですが違いました。
自分の相場感なんてこんなもんです。

とはいえ水平線を起点にしているので損切りも容易です。
負けにくく勝ちやすい水平線を探すと、ポンド揃いエントリーがしやすくなります。
同時に動き出したらゴーです。

③最終決断は個別チャート形状

個別チャートがポンド円とポンドドルでバラバラの場合はエントリーしません。
なぜかと言うと、たとえ同じ方向に動いても「損切りや利確の目安がつけにくいから」です。

ポンドが揃う際に個別チャート形状も似ていることは大事です。

上記かつ押し目や戻り目など『損切りや利確の目安がつけやすいところだけを狙う』です。

その際の注意点として、『先に高安値に到達した方で損切りや利食いを判断する』です。

抵抗線が同じ場所にあっても同時にタッチしてくれるとは限りません。

 

ドル円を見る余裕があれば、ポンド円とポンドドルのどちらを引っ張って良いのか少しわかります。

しかし、余裕のない人はポンド円とポンドドルの片方が抵抗線(利確や損切り)についたら決済でいいと思います。

ポンドドルが目標到達後、ポンド円もくすぶったパターン

冒頭の画像のツイートです。
ポンド相関のロングでしたが、ポンドドルの目標付近でポンド円も決済しました。
右側の画像は利確後の動きです。

\  最大レバレッジ1000倍!/

【まとめ】FXの監視通貨は2つに絞り、取引時間も絞る

  • 監視通貨はポンド円とポンドドルの2つ
  • ポンド円とポンドドルが揃った時だけエントリー
  • 取引は短期デイトレまたはスキャルピング
  • 取引時間は16:00〜23:30の間

行動の仕方

まずは上記時間帯を監視してみてポンドが揃って動くタイミングがあることを
実感して欲しいと思います。

その後にデモや小資金で実践です。
この辺りはサラリーマンの方なら資金補充も効くと思うので『転びながら学ぶ』が最速かなと思います。

パッと見でなんとなくエントリーポイントが見えて来るまでの修行期間は半年から1年くらいかと思います。

上記はあくまで何となくなので、これでエントリーしてボクは何度も資金を飛ばしました。
さらに一年かけて少し精度が上がりました。

さーくま
日々、修行ですね!

『FX修行期間の短縮方法』

 

FXはやり方を知っているだけでは勝ちきれません。
大なり小なり修行期間はあると思います。

さらに最短でFX学ぶなら有料教材を買うのもアリです。
私が学んだのは下記の教材です。

【デイトレ大百科】

短期デイトレにおいて相関トレードや通貨強弱を学ぶなら、FXismデイトレ大百科(¥21780税込み)が買い切りタイプで超有益です。
現在でも、及川圭哉氏による週2回のYouTubeリアルトレード(一般公開)もあるので、そこだけでも見る価値アリです。
有料は絶対に嫌だという人もいると思いますが、及川さんの書籍を読むだけでも勉強になるはずですよ。

>稼いでる人は使ってる『XMトレーディング』

稼いでる人は使ってる『XMトレーディング』

日本人の5人に1人が使っている海外FX No.1の企業『XMトレーディング』レバレッジが最大1000倍だから少ない資金でも大きく稼げます。取引すれするほどポイントが貯まるのも最大の魅力♪今なら口座開設で3000円もらえます。

CTR IMG