FXで分割エントリーするメリット【引き分けで資金を守る概念とは?】

FXで分割エントリーするメリット【引き分けで資金を守る概念とは?】

FXトレーダーの多くが使う分割エントリー手法。

実際、メリットはあるのでしょうか?

その答えは「引き分けに持ち込み資金を守りやすい」というところが大きいと感じます。

FXトレードで有効な分割エントリーの方法とメリットについて詳しく解説します。

さーくま
先に結論から言ってしまうと、分割エントリーのメリット「エントリーした後もポジションに一定の裁量判断が効く」ということです。

資金管理上の上限ロットが「1ロット」の場合、「1ロット」→「0.2ロット×5発」で分割エントリーしていきます。

詳しくは次の項から解説します。

FXで分割エントリーするメリットは3つ!

通常は単発でエントリーするロットを「分割」することによって、「決済」も分割することが容易になります。

この特徴からみえるFX分割エントリーのメリットは下記の3つです。

  • 打診でエントリーできる
  • 有利なポイントでポジションを積み増せる
  • 5勝3敗2引き分けで勝ち越せる

以上3点を深掘りしていきますね。

打診でエントリーできる『機会損失を防ぐ』

資金管理のうえでエントリーできる上限ロットが1ロットだとします。

打診で「0.2ロット」本来のエントリーポイントで「0.2×2発」
損切り手前で「0.2×2発」(ヒゲで戻ってくるダマし用)

レジサポラインでエントリーしようと待ち構えていた時に、「そこまで到達せずに行ってしまった」なんて経験は誰しもあるはずです。

そんな時にこの1ロットを5分割して、打診で0.2ロットなど入ることで『機会損失を防ぐ』ことができるようになるということです。

ちなみに本来のエントリーポイントで入った「0.2×2ポジション」は打診エントリーの「0.2ロット分」がプラスに転じたら「分割決済」という選択肢も出てきます。

有利なポイントでポジションを積み増せる『優位性を確認してからポジションを増やしていく』

下落の局面ですでに『①の分割で0.2ロット打診エントリー』をしていた場合、レジスタンスラインをヒゲで戻ってきたら「ポジション追加」。

その下の抵抗線を抜けたら「更に追加」など、1つのエントリーポイントに対し『優位性を確認してからポジションを増やしていく』ことが可能です。

FXは「5勝3敗2引き分け」で勝ち越せる『引き分けの概念』

この考えで必要になるのが「損切り」「利確」以外の『引き分け』です。

まずは「負けを引き分けに置き換えていく」。

根拠が崩れた時点で分割ポジションが相殺できるようであれば、『引き分け』で逃げる。

打診エントリーの時点で状況が変わったと察したら、「少ないロットを損切り」で終える。

目指すは「5勝3敗2引き分け」です。

FXで分割エントリーする上でのデメリットとは?

分割エントリーをする上での注意事項は3点です

  • エントリーポイントの選定が「ゆるく」なる場合がある
  • 積み増したポジションのリスクリワードが下がる
  • 「損小利大」が「損大利小」になる危険

エントリーポイントの選定が「ゆるく」なる場合がある

打診エントリーを使うようになると、どうしてもエントリーが早くなってしまいがちなんですよね。

実際、それで取れたことも大いにありますが、含み損をかかえて「もっと引きつければよかった」なんてことも「しばしば」です。

とはいえ、これは分割エントリーが悪いわけではなくて、「本来のエントリーポイントまで引きつけが甘い」ことに起因していますよね。

積み増したポジションのリスクリワードが下がる

リスクリワードはエントリー前に測ります。

しかし、『優位性を確認してからポジションを増やしていく』場合は「決済ポイントまでのpips」が減っていくのでリスクリワードが悪くなります。

対応策として「優位性があるうちに決済できるようにルールを決める」必要が出てきます。

「増し玉」を多用するトレーダーは『追加をしたら、損切り位置も狭めてリスクリワードを維持』している場合が多いです。

後から追加したポジションの含み益が無くなったら「全決済」などです。

「損小利大」が「損大利小」になる危険

リスクリワードの低いところでは「損大利小」の危険が大きいです。

なまじ、1ポジションのロットが低いので「打診で入り過ぎてしまう」と逆行した時に本来のエントリーポイントで『余力がない』状態に陥る可能性があります。

『余力が常にあるのが分割エントリーの強み』だということを、しっかり理解しておく必要があります。

利益確定の際も「分割エントリー全ポジプラス」を意識しすぎると「全ポジマイナス」になりかねないので、不利なポジションに含み益があるうちに逃げるを徹底すべきです。

FXの分割エントリーのメリットを有効活用するためのポイント3つ

リスクリワードが更に良くなる3つのポイント

  1. 長期足の【方向性】を見極める。見るのは「日足」や「4時間足」
  2. 「打診エントリー」は各時間足のレジサポが重なる場所にひきつける
  3. 「打診エントリー」の各時間足のレジサポが重なる場所を逆行したら「ドテン」も視野に入れる

1. 長期足の【方向性】を見極める!見るのは「日足」や「4時間足」

  • 長期足の方向性がわかれば、相場の方向性に対して「順張り」なのか、「逆張り」なのか理解できる
  • 長期足の方向性がわかれば「含み益が出たとき、どこまで保有できそうか」という横軸(時間)を意識できる
  • 長期足の方向性がわかれば「含み損(リスク)を許容する範囲も変わる」

2. 「打診エントリー」は各時間足のレジサポが重なる場所にひきつける

  • 相場はえてして、レジサポの上(下)に置かれた「損切」を狩ってから行きたい方向へ進む
  • 可能な限り「打診エントリー」を、本来入りたいポイントにひきつけ、損切手前のラインで追加するようにする

3.「打診エントリー」の各時間足のレジサポが重なる場所を逆行したら「ドテン」も視野に入れる

  • 長期足の方向へブレイクしたらドテン
  • 長期足と反対へブレイクしたら速やかに損切

上記の①~③を意識できると「更に損切は浅く」、「利は伸ばす」ことが可能になります。

でも、ついつい早めにエントリーしたくなっちゃうんですよね。

【まとめ】FXで分割エントリーを使い「引き分け」をうまく利用しよう

エントリーした後もポジションに一定の裁量が効くことで有利なトレード運びができる事が多い『分割エントリー』。

この分割エントリーをうまく使って、相場の荒波を乗り切りましょう!

以下、本記事のまとめです。

分割エントリーを有効に活用するには

  • 「リスクリワードの徹底」単発エントリーと同じように「損切」「利確」のポイントを最初に決める
  • 「資金管理の徹底」10万円の口座なら0.1ロットが最大ロットとし、0.02ロット×5発などに分割する
  • 「引き分けを有効に使う」エントリー時の根拠が崩れた場合、プラスのポジションとマイナスのポジションを相殺し「引き分け」に持ち込む

【資金が減らなければ、また戦える】

引き分け場面の補足

根拠となるレジサポでエントリーする場合、「レジサポを上下に行き来するような動き」「ダマし」が疑われる場合など

トレンドがでて積み増していく場合、後から足した分はリスクリワードが悪くなるので「引き分け」や「時短決済」も視野に入れる

 

【分割エントリーでの注意事項】分割エントリーを取り入れると「負けにくい戦法」をとりやすい反面、以下のデメリットに注意が必要です。

  1. ついつい「エントリーポイントのひきつけ」が甘くなる
  2. ついつい「ナンピン」してしまう

上記の解決法は『①と②をやらない厳格なルール化』です。

 

以上、【FXで分割エントリーするメリット。引き分けで資金を守る概念】でした。

私がすごく参考になったデイトレのFXismの及川さんの書籍と動画教材です。(教材は買い切り2万くらいでした)

及川さんの書籍「ガチ速FX」については下記の記事で詳しく書いています。

関連記事

今回は評判の高い『デイトレ大百科』について詳しく解説していきたいと思います。 作者の及川圭哉さんはFXismを主催し、現在も現役のトレーダーとして活躍。億超えの実績を残されている有名FXトレーダーです。デイトレ大百科以外にも塾[…]

『デイトレ大百科』は勝てる?勝てない?【実践している私がリアルな評判を紹介!】

分割エントリーなのに、めちゃめちゃハイロット。YouTubeでおなじみの億トレーダー及川圭哉氏の動画教材「デイトレ大百科」。人柄も好感が持て、とても参考になりました。

さーくま

まず書籍を読んでみて彼の手法をさらにもっと学びたいと思ったら動画教材を買ってみるのもいいかもしれませんね。2万円ちょっとですが、FXの学習フェーズがショートカットできますよ。

>稼いでる人は使ってる『XMトレーディング』

稼いでる人は使ってる『XMトレーディング』

日本人の5人に1人が使っている海外FX No.1の企業『XMトレーディング』レバレッジが最大1000倍だから少ない資金でも大きく稼げます。取引すれするほどポイントが貯まるのも最大の魅力♪今なら口座開設で3000円もらえます。

CTR IMG